生と死どちらが本当の幸せか 最後の医者は桜を見上げて君を想う

もし難病に侵されたあなたは奇跡を信じて終わりがない闘病生活を選びますか?
それとも自分らしくあるために最後を迎えることを選びますか?

今回はそんな死生観について考えさせられた映画化も決まっている小説「最後の医者は桜を見上げて君を想う」について紹介します。

最後の医者は桜を見上げて君を想う

あらすじ紹介

自分の余命を知った時、あなたならどうしますか?
死を肯定する医者×生に賭ける医者
対立する二人の医者と患者の最後の日々――

登場人物紹介

3人の医師

桐子 修司(きりこ しゅうじ)・・・3章の主人公
武蔵野七十字病院の皮膚科医。
相談に来た難病の患者に死を選ぶことも大切だと説いている。
実際に相談後、治療をやめる患者がいるため院内で「死神」とよばれ医師から嫌われている。

福原 雅和(ふくはら まさかず)・・・1章の主人公
武蔵野七十字病院の若き天才外科医にして副院長。
奇跡を信じ患者を命を救う為にはどんな手段も厭わない強い情熱を持った医師。
桐子と学生時代の同期だったが今では考えの違い故に心底毛嫌いしている。

音山 晴夫(おとやま はるお)・・・2章の主人公
武蔵野七十字病院の内科医。
桐子と福原と学生時代の同期で現在どちらとも仲は良好。
信念を貫く二人と比べて自分は平凡だと悩んでいる。

 

3人の最後を迎える難病患者

浜山 雄吾(はまやま ゆうご)・・・白血病
結婚したばかりのごく普通の会社員。
急性骨髄性白血病という進行がかなり早い病に侵されている。

川澄まりえ(かわすみ まりえ)・・・ALS
東教医科大学の新入生。
上記医師三人が通っていた有名大学に三浪してやっと入学した。
入学した矢先に治療法が存在しない筋萎縮性側索硬化症(ALS)という病気にかかる。

???・・・咽頭がん
重要なネタバレの為割愛。

 

おすすめポイント

この作品は全三部で構成されています。

三部構成
  • 1章…患者を救うことに命を懸けている医師・福原、白血病に侵された普通の会社員・浜山の最後までを書いた話
  • 2章…平凡に日々淡々と医師として働いていることを悩んでいる音山、その音山のような医師になりたい女子大生・川澄の最後までを書いた話
  • 3章…3人の医師、ある患者の最後までを書いた話

でまとまっていて非常に読みやすい点がオススメです!

 

その他の特徴として
患者は助からない症状まで病が進行している(する)ので必ず最後には死を迎えます
その時患者は何が自分にとって一番重要なことなのか、それに対しどう行動を起こすのか。
医師はどう向き合っていくかが本作品のテーマになっています。

 

医師同士、患者と医師、病人と健康な人の価値観や考え方の違いなど、かなり丁寧に描写されているので
生きること、死ぬことについて深く考えさせられます!

1章について

今まで病気とは無縁だった人生を送ってきた会社員・浜山という人物はある日に白血病だと判明します。

白血病は決して治らない病ではないですが治療する過程の中で沢山の確率と戦わなければなりません。

本当に残酷なほどに…

一例を挙げると

  • 血液中のがん細胞を消してしまう治療法の成功率・・・80%(しかも完治ではなく寛解)
  • 地固め療法で退院後、再発率・・・70%(浜山の場合)
  • 再発した場合、5年後の生存確率・・・40%
  • 完治を目指した治療法(骨髄移植)が失敗する確率・・・7%
  • 骨髄移植成功後の合併症・・・20%
  • 上記全てをクリアしたとしても白血病再発率・・10%

浜山本人もいっていますが確率・確率・確率ばかりです。
読んでいる方も辛くなるくらいたくさんの選択を強いられていきます。

 

そしてもひとつ重要なのが死神と呼ばれる桐子という医師との相談。

彼と話した浜山はある決断をします。
どうしてそう決断しようと考え行動したのか、死を迎える最後まで完全に書き記されているのでとっても読み応えがあってオススメです!(妻に残した手紙は号泣必須)

2章について

1章では主に医師より患者目線での話が多いのが特徴的でしたが、
2章では医師目線での話が多くなっていきます。

 

念願の医療大学に入学した川澄はある日、
交差点で急に足が動かなくなりますがその場では親切な方に助けてもらいます。

その後病院で診察を受けると、そこで人当たりのいい医師・音山に診てもらい彼と話して川澄も彼のような天才じゃなくてもみんなに好かれるような医師になりたいと考えるようになります。

ですが検査結果ALSだということが判明します(治療方法がいまだ見つかっていない原因不明の病)

彼女は絶望してしまい、音山もどう向き合っていけばいいのかわからず悩み続けます。
そして音山は昔の同期でもある桐子、福原にもし学生時代の頃に自分がALSにかかった場合どうするか相談を試みます。

  • 桐子は医師としての夢は諦め、残りの人生を好きに生きる。
  • 福原はどんな手段を使っても延命治療を行い、治療を行いながら医師としての勉強を続ける。

と正反対の意見をもらい参考にしつつ、自分の中である決断をします。

 

そして自分の人生に絶望してしまった川澄が死を迎える最後まで音山は彼女と全力で向き合い続け、医者としてある結論に至って大きく成長するのが2章一番の見所です!

3章について

3章はこの本の中でも一番重要な話になりますが

重要なネタバレの為、内容は是非読んで確かめてみてください。

2章で成長した音山、死神と呼ばれている桐子、患者を救うことに文字通り命をかけた福原3人の物語の集大成になっていることが特徴です!

まとめ・最後に

おすすめポイントまとめ
  • 全3部構成
  • 医師・患者3人の物語
  • 福原と桐子の180度違う意見の対立
  • 音山の成長
  • 3章は物語全ての集大成

が非常にオススメですのでお時間があれば是非一度読んでみて下さい、ハンカチ必須です(´;ω;`)

終わり!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA